医療レーザーと家庭用脱毛機

現在医療機関で行っているレーザー脱毛器と市販の脱毛器で
同じような効果を得ることはできません。

市販の脱毛器を扱うのはもちろん素人です。

素人でも安全に危険がなく扱えるように
かなり弱い出力のレーザーしか当てることができません。

そして一度に当てることのできる範囲が狭いので、医療機関での施術に比べ時間がかかります。

弱い出力ながらもレーザーが出ているので
根気よく続けていけば脱毛はできるという原理だと思います。

しかしいつになったら効果を得ることができるのかはわかりません。
相当な手間と期間を要するはずです。
実際には、まったく効果を感じることができなかったという方がほとんどだと思います。


脱毛は厚生労働省より医療行為と認められています。
きちんとした脱毛効果を得るにはそれだけ危険な可能性があるということです。

医療レーザー脱毛は医師の免許を持たない施設では使用することができません。
医師だからこそ、強い出力を当てることができ、脱毛を実現することができるのです。

きっと本気で脱毛したいと思ったので埼玉で人気の脱毛サロンに通われているのだと思います。

気休め程度なら脱毛器を使用してみるのもよいかもしれませんが、
本気で脱毛したいのであれば今のままきちんと医療機関に通うべきです。

家庭用脱毛器の広告は過剰なものがほとんどです。
そして脱毛自体個人差があるものなので、効果を得られなくても何の保証もありません。
価格が安く魅力的ではあるのですが、効果もそれなりのものということです。